• facebook
  • instagram
  • youtube
首頁藝能娛樂 > 【獨家專訪】電影「雖然媽媽說我不能嫁去日本。」谷内田導演・中野裕太拍攝秘辛大公開

以Facebook為契機,進而相遇交往的日台情侶的實際故事所改編的電影「雖然媽媽說我不能嫁去日本。」在台灣日本上映後,都獲得極大迴響!Japaholic編輯部特別專訪這部話題作的谷内田彰久導演以及飾演茂木桑的中野裕太,請他們告訴我們這部電影的拍攝秘辛!千萬別錯過只有在Japaholic才看的到的情報喔♪

【独占インタビュー】映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」谷内田監督・中野裕太が撮影秘話大公開
Facebookを通して出会った日台カップルの実話を元にした映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」は日本と台湾で公開され、両国共に大盛況!Japaholic編集部は、そんな話題映画の監督である谷内田彰久さん(以下、谷内田)、モギさん役の中野裕太さん(以下、中野)にインタビューし、撮影秘話を伺うことができました。ここにしか載っていない情報もあるので、ぜひチェックしてみて♪

中文片名:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。
日文片名:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
原作:茂木夫婦「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」
導演:谷内田彰久
主要角色:林薏涵 (簡嫚書)、茂木洋路(中野裕太)、林麗雪(王彩樺)、明美(林美秀)

中文タイトル:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。
日文タイトル:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
原作:茂木夫婦「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」
監督:谷内田彰久
キャスト:林薏涵 (簡嫚書)、茂木洋路(中野裕太)、林麗雪(王彩樺)、明美(林美秀)

從Facebook開始的戀情 「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」
描寫透過Facebook認識的台灣女孩薏涵與日本男生茂木桑的生活點點滴滴的Facebook粉絲頁「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」,現在已經有37萬以上的粉絲。而集結了Facebook的內容與在日本充滿歡笑的同居生活的同名實體書,終於眾人翹首期待中改編成電影啦!

Facebookから始まった恋、「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」
Facebookで出会った台湾女性リンちゃんと日本男性モギさんの日常を紹介するFacebookページ「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」は、現在37万人以上のファンを獲得。Facebookで紹介している日常や、日本でのコミカルな同棲生活などが描かれたウエディングフォトブックが、今回待望の映画化!

電影與原作的不同之處是? ー映画と原作で違うところは?

谷内田:我想最大的不同是最後一幕茂木桑向薏涵求婚的部分吧!在原作中其實是在牛排館求婚的,但電影中想傳達出「國際結婚是要渡過國境」的概念,所以以十字路口為舞台拍攝。

谷内田:最後のシーンで、モギさんがリンちゃんにプロポーズするところですね。原作で は、ステーキハウスでプロポーズをしますから。映画では、”国際結婚は国境を渡る”ということを伝えるために、交差点を舞台に撮影しました。

還有一個部分是在原作中,薏涵跟茂木桑是一起睡在薏涵妹妹家的同一張床上,電影劇本是設定成睡在朋友家。雖然同樣是睡在床上,但實際拍攝的時候覺得這種氣氛果然……有點不妙吧?(笑)所以改成讓薏涵睡在沙發上,表現出純真無邪感。

もう一つは、リンちゃんの妹の家にモギさんが泊まりにくるシーン。原作ではベッドで一緒に寝たらしく、台本でもベッドで寝ることになっていたのです。でも実際に撮影するタイミングで、ベッドはいやらしいねということになり、ピュアらしさを出すためにソファで撮影しました。(笑)

在台灣的拍攝工作有發生什麼困難或辛苦的事嗎? ー台湾の撮影で大変だったことは?

中野:意外地一點都沒有喔!像是雖然有很多需要下雨的場景,但以電影的效果來說希望下雨的場景時,就會真的下雨,反之希望不要下雨時真的就不會下雨。像是拍攝在海邊玩鬧的場景時,真是超棒的晴天,可能是有哪位晴男在吧?(瞄了谷内田導演幾眼)

另外像是拍攝兩人騎機車撐傘的場面的那天,也沒有下太大的雨,而是恰到好處的雨量。順道一提,邊騎機車邊撐傘這個點子,是飾演薏涵的簡嫚書的經紀人所提出的喔!

中野:意外と苦労したことはないんですよ。雨の撮影シーンが多かったんですが、映画の演出として雨が降って欲しい時に降ってくれて、降って欲しくない時には降らなかったんです。海ではしゃぐシーンは、とても晴れてくれました。誰か晴れ男がいたのかな?(谷内田監督をちら見)

バイクで傘をさして2人乗りするシーンも、土砂降りすぎず、ちょうど良い量の雨が降ってくれました。ちなみに、傘をさしてバイクに乗るシーンは、リンちゃん役のマネージャーのアイデアなんです。

谷内田:雖然我們也很懷疑「在台灣真的大家都會邊撐傘邊騎車嗎?不是很危險嗎?」,但嫚書的經紀人堅稱「這在台灣很普通喔!」所以我們就相信他拍攝這一段・・・事後發現實際上台灣人好像並不是大家都會這樣做的・・・。

谷内田:「台湾では、本当に傘をさしながらバイクに乗るのかな?危なくないかな?」と疑っていたのですが、リンちゃん役の簡嫚書のマネージャーが、「台湾では普通だよ」と言うから信じて撮影しました。でも実際は、台湾の人誰もやらないらしい・・・。

中野:託他的福拍下了非常可愛的畫面就是了。(笑)

中野:結果的にとても可愛いシーンを撮影できたから良かったですけどね。(笑)

谷内田:說起來,不是有一幕是茂木桑送薏涵隨行杯嗎?我聽說送給喜歡的人「一杯子」就有「一輩子」的意思時覺得非常感動,就將這一幕寫進劇本中。當拍攝完畢,編輯作業也進入最後階段時,薏涵本人卻跟我說「台灣人並不會覺得給對方一個杯子就是送『一輩子』喔!」。那可是電影中最有戲劇感的部分啊!!只好非常絕望地刪掉這一段。薏涵應該一開始就跟我們講啊!!(笑)

谷内田:そういえば、モギさんがリンちゃんにタンブラーを贈るシーンも色々ありましたよ。タンブラー(一杯子:yibeizi)を好きな人に贈る=一生一緒(一輩子:yibeizi)にいたいと伝えるという意味であると聞いて感動し、台本にそのシーンを入れて撮影も無事終わり、編集作業も終盤に差し掛かっている頃、リンちゃんに「台湾でタンブラーを渡すことにそんな意味はないよ」と言われまして。映画の中で唯一ドラマがあるシーンだと思っていたのに・・・絶望しながら一回カットしました。最初に言ってくれよ!(笑)

中野:因為剛開始拍攝時,薏涵跟我們還沒有那麼熟,所以說不出口的樣子。最後嫚書說「但薏涵是陷入愛河、為愛狂亂的女孩,所以就算收到一個杯子可能也會解讀成『一輩子』吧!」,所以最終版本沒有刪掉。對台灣人來說,送一個隨行杯就有「一輩子」的這種說法,就像如果日本人給對方一碗「ICE」,就有把「愛」(愛す)送給對方的意思一樣牽強的樣子。

中野:撮影当初はそんなに仲良くなかったから、言えなかったらしいです。最終的に、簡嫚書が「リンちゃんは恋に狂った女の子だから、一杯子をそういう意味に捉えることもできるかも」と言ってくれたので、結局カットしなくてすみましたけど。台湾人が恋人にタンブラーを貰って、一生一緒にいてほしいという意味だと捉えるのは、日本人が「アイス(ice)」を貰って「愛する(aisuru)」という意味に捉えるレベルの無理やり感があるみたい。

谷内田:會議的時候跟茂木桑本人說到送杯子有「一輩子」的意思時,茂木桑立刻說「如果是這樣的話才不會送呢!」,當時薏涵的表情非常苦澀。如果因為這部電影,讓「送給對方杯子=想一輩子在一起」的說法成為流行的話我會很開心的。

谷内田:モギさんは、「もし一杯子がそういう意味だと知っていたらあげなかった」と言っていましたよ。リンちゃんは苦い顔をしていましたね。この映画がきっかけで、「タンブラーを渡す=一生一緒にいたいと伝える」という意味に捉えることがブームになってくれたら嬉しいですね。


在日本的拍攝工作有什麼特別的回憶嗎? ー日本での撮影の思い出は?

中野:拍攝薏涵跟茂木桑的旅行場景時,劇本上幾乎都沒有台詞喔。我跟嫚書因為是飾演戀人,所以盡量營造出兩人在一起甜蜜愉快的相處感。在豪斯登堡拍攝時,我父母也前來探班,看到我們這樣還擔心地說「你們不是一直在打情罵俏而已嗎?真的是在拍電影嗎?」(笑)

中野:リンちゃんとモギさんが旅するシーンは、台本がほぼなくてアドリブだったんですよ。私は簡嫚書と恋人に見えるように演じる必要があったので、なるべく寄り添って楽しんでいたら、ハウステンボスでの撮影を見に来ていた両親に「お前らずっとイチャイチャしているけど、あんなので映画になるのか?」と心配されました。(笑)

谷内田:但也拍出了兩人牽手的場景,讓我鬆了一口氣。

谷内田:そのおかげで手を繋ぐシーンを撮影できたから、安心しましたよ。


其實電影還有要去名古屋及大分出外景的預定,但由於拍攝時間不足所以沒有前往。(在此特別公布劇本上的旅程表!記載了許多旅行外景地,台詞卻很少呢!)

本当は名古屋と大分も行く予定だったけど、時間がなくてカットしちゃいました。(特別に、台本の旅程表を見せていただきました!旅行先は沢山記載されているものの、セリフは少ないです)

中野:廣島到博多這段旅程是由我開車,因為坐在後面很累。

中野:広島から博多までは僕が運転したんですよ。後部座席に座っているのが疲れちゃって。

谷内田:會這麼累是因為你跟薏涵一直在車上玩接龍遊戲吧!真的超吵的! (冷冷地看著中野)

谷内田:疲れていたのは、中野とリンちゃんがずっと車中で山手線ゲームしていたからだよね。本当にうるさかったよ。(クールぶって中野さんを見る)

中野:薏涵還用橡皮筋手槍攻擊坐在副駕駛席的導演的頭呢!

中野:リンちゃんは、輪ゴム鉄砲を助手席に座っている監督の頭めがけて飛ばしていたりもしましたね。

谷内田:薏涵真的是很有精神啊!啊,還有在某個停車場遇到搭便車的男女4人組,我們就讓他們搭了。作為搭便車的回報,拜託他們在拍攝薏涵與茂木桑在公園散步的場景時幫我們餵鹿餌時吸引他們過來。

谷内田:リンちゃんは本当に元気だよね。そういえば、どこかのパーキングでヒッチハイクしている男女4人組を乗せてあげたこともありました。その代わりに、リンちゃんとモギさんが奈良公園を歩くシーンで、画面に鹿が入るように鹿に餌付けすることをお願いしましたよ。

中野:對,那個場景也是多虧了他們才拍攝完成的。 接下來前往大阪,當時發生了大阪出身的導演說有無論如何都想請我們吃的好吃章魚燒,特別買來請大家吃,但是超難吃的慘案。之後我跟嫚書拍攝旅行畫面時吃的章魚燒,也因此吃起來更加美味。(笑)

中野:あのシーンは、ヒッチハイカーがいたおかげで撮影できましたね。その後に行った大阪では、大阪出身の監督がどうしても食べさせたい美味しいたこ焼きがあると言って買いに行ってくれたのですが、めちゃくちゃまずかった事件がありました。簡嫚書と旅行シーンで食べたたこ焼きのほうが、よっぽど美味しかった。(笑)

谷内田:買了大概20~30盒…但幾乎都是我在吃的。

谷内田:20~30箱くらい買ったのに、俺が大半食ったよ・・・。

中野:我當時心想導演真是慷慨大方啊! (看著導演的肚子)

中野:監督太っ腹だな、とは思いましたけどね。(監督のお腹を見つめる)

※慷慨大方原文為「太っ腹」,也可以字面解釋為肚子很大

在台灣的拍攝工作有什麼特別的回憶嗎? ー台湾での撮影の思い出は?

谷内田:台灣的工作人員帶我們去文化大學後山看夜景,真的超開心的!

谷内田:台湾スタッフが、夜景を見に象山に連れて行ってくれたのは嬉しかったです。

中野:明明隔天早上就要拍攝,但卻晚上11點左右開車去看喔!薏涵、茂木桑、導演跟我一起去文化大學後山。在那裏的餐廳邊喝咖啡邊欣賞台北夜景,實在是太棒了!!

中野:翌朝から撮影があったのに、夜の23時頃に車を出してくれたんですよ。モギさん、リンちゃん、監督と一緒に、文化大學後山のレストランでコーヒーを飲みながら見た台北の夜景は最高でした!!

谷内田:在開車前往文化大學後山的時候,發生一件令我震驚的事喔!薏涵在原作中說自己喜歡古典音樂,但在車上她負責播音樂,說「My Favorite song!!」讓我們聽的卻是跟古典音樂十萬八千里遠的重金屬搖滾樂!!根本說謊!!!!(笑)

谷内田:文化大學後山に向かっている車中でびっくりしたことがあるんだけど、リンちゃんは原作でアコースティックな音楽が好きって言っていたんですよ。そんなリンちゃんが「My Favorite song!!」と言ってかけはじめた曲が、なんとアコースティックとは程遠いヘビメタで。嘘やん!!!!(笑)

中野:而且還打開車窗大唱喔!真是讓我嚇一大跳。也真是多虧了活潑的薏涵才讓大家感情變那麼好。

中野:しかも窓を開けて大声で歌い始めたから、びっくりですよ。まあリンちゃんがいたからみんなが仲良くなれたというのはありますよね。

谷内田:跟薏涵他們的LINE群組名叫「どこか騒ぎたい感じ」(想大鬧一場),正如其名。(笑)

谷内田:リンちゃん達とのLINEグループ名も「どこか騒ぎたい感じ」ですからね。(笑)

台灣喜歡的食物是? ー台湾の好きな食べ物は?

中野:我臭豆腐或八角都可以吃喔!應該什麼都喜歡吧!

中野:八角も臭豆腐も食べられるし、何でも好きかも。

谷内田:我喜歡寧夏夜市寶特瓶裝的椰子牛奶,每去必買。另外想推薦冰讚冰店的布丁,超級好吃!!雖然日本人去都吃芒果冰,但布丁超好吃,我大推薦! 冰讚冰店的「小孩店長」也有出現在電影中喔!就是大家一起搭計程車時在前面的小孩,而爸爸也飾演了明美店中跟茂木一起的同事。

我很喜歡台灣女生吃東西的樣子喔!日本女生吃東西時比較會在意別人的眼光,台灣女生則像是很大方自在地吃的嘴巴鼓鼓的 。如果日本女生也像台灣女生這樣開朗的話,一定會很開心。

谷内田:私は寧夏夜市でしか売っていない、ペットボトルに入っているココナッツミルクが大好きで、行ったら必ず買っています。他におすすめなのが、冰讚の手作りマンゴープリン!観光客が注文するのはマンゴーかき氷なんだけど、是非手作りマンゴープリンを食べて欲しい!実は冰讚の子供店長と言われる子は、みんなでタクシーに乗っているシーンで手前にいた男の子なんです。しかもその子のお父さんは、明美ちゃんのお店でモギさんの同僚役をしていましたよ。

あと、台湾の女の子が食べる姿がとても好きですね。日本の女の子は、おしとやかに食べる子が多いけど、台湾の子は周りを気にせずに食べ物を頬張る子が多くて。台湾の女の子みたいな、純粋で元気な子が日本にいると楽しいだろうなと思います。

中野:我覺得其實台灣女生害羞的類型也很多喔!像是在台灣的拍攝現場,幾乎沒有遇到會直接跟我說「請幫我簽名!」、「請跟我合照!」的人。一起拍照時也常常面無表情,我都擔心對方是不是真的開心了。但常常對方拍完後離開到有點距離的地方,才開始「耶!!」地表現出雀躍心情。

中野:シャイな台湾女性も多い気がしますけどね。一緒に写真を撮ってくださいと言われて撮影している時は、本当に嬉しいのか不安になるぐらい無感情なんですが、少し離れたところに行ってから「キャーッ」と喜んでくれたり。

谷内田:那是因為中野你很帥氣啊!像我就像是被當成可愛的豬一樣…大家跟我拍照時跟中野完全不一樣喔!會說「請做鬼臉」、「請做好笑的動作」來一起合照。我是玩具嗎?(笑)

谷内田:それ、中野くんが格好良いからだよ。俺は可愛い豚を見るような目で見られるもん。中野くんとは違って、面白いポーズしてくださいと言われて写真を撮られるし。俺はおもちゃか!(笑)

台灣跟日本觀眾的感覺有什麼不同嗎? ー日本人と台湾人、映画を見た観客の違いは?

谷内田:我印象最深的是在日本人不覺得有趣的地方,台灣人會大爆笑。還有日本人比較會靜靜流淚,但台灣人則是會發出聲音地笑或哭出來。我很開心拍出兩邊都能樂在其中的電影。

谷内田:私が印象的だったのは、日本人が面白いと思わないところで台湾人は大爆笑していたことですね。あと、日本人は静かに泣くけれど、台湾人は声に出して笑ったり泣いたりしていました。どちらの人にも楽しめる映画を作りだすことができたのは、嬉しかったです。

給Japaholic讀者的話 ーJapaholic読者へのメッセージ

谷内田:這部電影描寫的並不是很特別的戲劇,所以請輕鬆地來看、看完後就忘掉吧!比起電影本身,希望大家在回家時可以想起一起來欣賞電影的人或是身邊重要的人!

谷内田:この映画は、特別な波があるドラマを描いたわけではないんです。なので、肩の力を抜いてぼけーっと見て欲しい。そして見終わった後は忘れてほしい。それよりも、一緒に見に行った人や大切な人のことを、家に帰った時に思いだしてくれると良いなと思っています。

「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」的電影及原作都請務必欣賞! ー映画と原作「ママは日本へ行っちゃダメと言うけれど。」をチェックしよう

谷内田導演及中野裕太都非常的親切,整個訪談過程中都笑著告訴我們許多攝影秘辛。在台灣及日本的拍攝工作都非常開心的樣子!還特別送給Japaholic編輯部原創周邊商品及電影劇本!(真的非常慷慨大方!!)

谷内田監督と中野裕太さんはとても親切で気さくな方で、終始笑いながら撮影秘話を教えてくださりました。台湾、日本での撮影共に楽しんでいたようです。また特別に、Japaholic編集部にオリジナルグッズと映画の台本もプレゼントしてくださりました!(本当に太っ腹!!)

上映日所剩不多了,請大家一定要去電影院看看喔!此外,原作書也非常的有趣,大家也請CHECK♪

映画の上映日も残り少なくなってしまいましたが、ぜひ映画館に足を運んでいただければと思います。また、映画だけでなくウエディングフォトブックも販売中なので、ぜひチェックしてみてください♪

<映画情報>
中文片名:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。
日文片名:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
原作:茂木夫婦「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」
日本電影官方網站:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
原作書籍:茂木夫婦「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」
圖片提供/「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」製作委員会
©“Mamadame” production committee

<映画情報>
中文タイトル:雖然媽媽說我不可以嫁去日本。
日文タイトル:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
原作:茂木夫婦「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」
映画Facebookページ:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
日本映画オフィシャルサイト:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
監督:谷内田彰久
キャスト:林薏涵 (簡嫚書)、茂木洋路(中野裕太)、林麗雪(王彩樺)、明美(林美秀)
画像提供:「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」製作委員会
©“Mamadame” production committee

文/Japaholic編集部

分享到facebook

相關關鍵字Related tags

相關文章Related articles